2021年02月28日

各社員の利益貢献度(自己申請)を合計すると会社の総利益の数倍になる!

 どこの会社でも成果を評価するための『目標管理』があります。半期ごとに目標を定め、成果を報告します。その報告の中で「いくらの利益を上げた」などの貢献度をアピールしますが、本当に貴方が上げた利益なの?

 有名な話ですが、各宗教法人からの信者数の発表によると日本の人口よりも多くなっています。会社も同じです。



会社利益への貢献度を正確に報告してますか?
 多くの仕事による利益は社員一人で上げたものではなく、グループで上げたものです。

 商品開発部が商品を開発する。商品販売までには多くの他の部署が係わる。生産部門が商品を作る。宣伝広告部が商品の宣伝をする。営業部門が販売する。
 これらの各部署がその利益を自分たちの成果として、報告するため、会社の総利益の数倍になってしまいます。

 それは本当に貴方が上げた利益ですか?貴方はただの作業を行っているだけで会社にとって、タダの経費ではありませんか?

 確かに会社利益は多くの社員の協力により、成り立っています。しかし、評価・給与は一律ではなく、利益貢献度により、変わります。多くの人は自分は頑張っている、貢献していると思うでしょうが。

利益貢献度の図り方
 高い評価、給与を得るには客観的に利益貢献度が説明でき、成果を上げないとなりません。その評価方法を考えます。私が勤めている建設会社の設計部門で考えてみます。

 会社から求められるのは以下です。
 ・競合他社に打ち勝つ魅力的で経済的な設計をすること。
 ・多くの仕事を少ない人数、期間でこなすこと。
 
@ 量の評価
 まずは、より多くの数の構造設計をこなすことです。同僚、ライバルより多くの構造設計をこなすことです。単純に物件数では比較できないので面積の合計で比較が必要です。
 難易度の差を言う人も居ると思いますが、何件かあれば平均的になっているものです。そもそも、普通の構造設計者が行っている建物であれば、それほど難易度が高いものなんてありません。
 まず、処理した物件の総面積を意識することです。そのためには短期間で設計することを意識しましょう。

A 利益額による評価
 処理物件数を増やすには外注も効果的です。その際に自分にかかる経費、外注経費を考えて、評価します。
 社内での平均単価を設定し、売り上げ高と経費より、利益貢献度を評価します。会社が求めるのは利益額です。自ら、多くの構造設計を処理し、経費は抑えたが、処理数は少なく、利益額が
 少ないと言うのは会社は求めていません。

B 経済設計による評価
 自分の設計した建物の坪単価を意識し、これを評価して下さい。ビジネスである以上、必須です。

C 営業を行い、仕事を受注する
 建設会社で設計職員が営業をすると言う事はありませんが、打合せなどでクライアントと会う機会はあります。その際につながりを作っておき、受注のきっかけを作ることです。
 設計力の差で競合他社に打ち勝ち、仕事を受注を取るというのを評価するのは現実、難しいです。であれば、1件でも自ら仕事を受注し、自分に依頼が来たと言えることが高い評価につながります。


以上になりますが、要は自分が会社組織の“個人の構造設計事務所であったら”と考え、行動し、評価を得るのです。
posted by さる課長 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 構造設計