2012年03月11日

建築基準法のあり方

国土交通省の言い分

「建築基準法は設計をする上で最低限の規定を決めているだけである。建築基準法を守る事と建物が安全である事は別である。建築基準法以上の設計をする事を制限をしてもいない。」

例えば、原子力発電行政に置き換えたら、どうだろうか。

「最低限の規定を決めているだけである。事故が起きたのは電力会社の責任だ。基準は作ったが、それ以上の安全性を求める事は制限をしていない。国には責任は無い。」

法律と言うのはこれで良いのだろうか。

国民は納得するか。




posted by さる課長 at 21:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 構造設計
この記事へのコメント
建築基準法は、最低の基準だと言い張る国はいい加減やめろ。
最低の基準に合っているかどうかの確認だからね!。逃げるのは簡単だ、許可(やっちゃいけない物を作る場合)にすれば国が責任を取らなければいけなくなるからだ。
何を根拠に 確認申請を訂正しろといっているのかが 解らない。
一文字が違うから修正しろと・・・・。最低の基準だから 基準よりちょっと良いのであれば 問題ないはずだ 直ぐに確認しろよ。
と言いたくなります。
Posted by 通行人 at 2012年03月12日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54395080

この記事へのトラックバック