2020年06月09日

会社利益の大半は一部の社員が上げている。

 国税庁の資料によると所得税総額の約3割は所得1500万円以上である1%の納税者が支払っている。

 会社も同じである。利益の30%は1%の社員が産み出している。50%は19%の社員、つまり、利益の80%は2割の社員が産み出している。

 では残りの8割の社員は不要なのかと言うとそうではない。会社には利益は産まないがやらなければならない仕事もある。つまり、経費として存在している社員である。中でも1割は全く不要な社員を会社は抱えているものである。居なくても全く困らない。

 自分の会社を冷静に見て欲しい。会社の利益は何か?誰が利益を上げているのか?自分の利益貢献は?




 まあ、会社の利益に対する自分の貢献額を全社員に上げさせると、きっと、総利益の数十倍にはなってしまうだろうが(笑)

さて、会社の業績を上げるには。
この構造を見れば「全社一丸となって」など意味がない事が判るだろう。2割の社員が頑張れば良いのだ。会社もそのための施策を行えば良いのだ。8割の社員のモチベーションなどは不要。

 これを明確にしないから、会社、上司、部下への不満が出るのだ。


posted by さる課長 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | さる課長の日記

2020年06月05日

名監督になるには名選手でないとならない。

“ 名選手、必ずしも名監督にあらず ”との言葉がある。逆に名選手でなかった人で名監督になった人はどのくらい居るのだろうか。それは監督の力量ではなく、たまたま、選手が良かっただけでは。

サラリーマンを考えてみる。『担当者の時の成績は良くなかったが、管理職としては高い実績を出している。』なんて事はない。

あるとしたら、勤続年数と人柄だけで管理職になり、たまたま、優秀な部下が居たとのケースだろう。
まあ、自分が出来ないのを知っているので人にもうるさく言わない。部下はのびのび仕事が出来る。

これが管理職、監督の役割であれば楽なものだが、常に運任せである。継続した成果は出せない。





posted by さる課長 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | さる課長の日記

2012年05月09日

木造住宅の構造計算義務化実現のためのアンケート

建築構造設計べんりねっとが、木造住宅の構造計算義務化実現のために広くアンケートを行うとの連絡がきました。

賛同いたします。

http://arc-structure.sakura.ne.jp/

posted by さる課長 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | さる課長の日記